ラベンダー精油の歴史、エピソード:ラベンダーオイルでアロマテラピー

ラベンダー精油の歴史、エピソード

ラベンダーは古くから人気がありました。

古代ギリシャやローマ人たちは、たくさんのラベンダーの花を浮かべて入浴し、 優雅なひとときを過ごしていたそうです。

ですので、ラベンダーの学名(Lavendula)は洗うという意味の「Labo」や青みがかった鉛色という意味 の「Liveo」から来ているといわれています。

アロマバス

また、ルネ・モーリス・ガットフォセのお話は有名です。

20世紀初め、フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォセが実験中の事故で火傷を負ってしまい、
とっさにラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)をかけたところみるみる回復したのだそうです。

その後ガットフォセはこの経験によって精油の治療的な作用に気がつき、
精油(エッセンシャルオイル)の研究に没頭しました。

「アロマテラピー」という言葉はガットフォセが造語したものです。

その後フランスの軍医だったジャン・バルネ博士もラベンダーの作用に着目して、 第二次世界大戦のときにラベンダーを使って負傷した兵士の火傷や傷を治しています。

北欧でも古くからラベンダーの治療効果は知られていて、 ペストの流行時には、小枝をローズマリーやアンジェリカといっしょに 感染者の家で薫蒸したといわれています。

ラベンダーの効用は、リラックス効果から殺菌・消毒、鎮痛作用、不眠症、虫除けまで、まさに万能といえるほど多様です。

おすすめ精油(エッセンシャルオイル)

アロマのティーツリーファームズ ティーツリーファームズはオーストラリアにあるオーストラリア産精油の専門会社です。

直販なので、新鮮で純度100%の高品質オイルをかなりお値打ち価格でお届けしてくれます。

ティーツリーファームズではラベンダーオイルは(精油)は、たくさんあるラベンダーオイルの中でも最高の香りをもつとされている タスマニアンラベンダーオイルを取り扱っています。

*タスマニアンラベンダーオイル