ラベンダー精油の種類:ラベンダーオイルでアロマテラピー

ラベンダー精油の種類

ラベンダーには自然交配、人工交配などを含めると非常にたくさんの種類があります。

このうち、世界で生産されている精油(エッセンシャルオイル)は、4種類ほどあります。

  • (通称名)真正ラベンダー、トゥルーラベンダー
    (学名)Lavandula angustifolia(アングスティフォリア)、Lavandul officinalis(オフィキナリス)
  • (通称名)スパイクラベンダー
    (学名) Lavandula spica(スピカ)
  • (通称名)フレンチラベンダー
    (学名)Lavandula stoecas(ストエカス)
  • (通称名)ラバンジン
    (学名)Lavandula hybrida
などがあります。

それぞれの簡単な説明です。

真性ラベンダー(Lavandula angustifolia、Lavandul officinalis)
一般的にラベンダーというとこのラベンダーの事をいいます。 ほかのラベンダーと区別するために『真性ラベンダー』『トゥルーラベンダー』と呼ぶこともあります。もっとも高品質のオイルが採取できるラベンダーです。

スパイクラベンダー(Lavender spica)
カンファーと1.8シネオールの含有が多いので樟脳のようなつんとした香りがします。

感染症ややけどの治療に有効です。ただ、刺激も真正ラベンダーより強いので使用には注意が必要です。

ラバンジン(Lavandula hybrida)
ラバンジンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーを交配させて作られたもので、
大変栽培しやすく真正ラベンダーの2倍もの採油率があります。ラバンジンにはいろいろ種類があります。

少しカンファー調のフローラルな香りです。

フレンチラベンダー(Lavandula stoechas)
フレンチラベンダーは、ウサギの耳のような花をつけます。

ケトン類が多く含まれています。ケトン類は神経に対する毒性があるので、スピカと同じく注意が必要です。 ラベンダー精油(エッセンシャルオイル)は原液でも使えますが、フレンチラベンダーは原液では使えません。

*

ラベンダー精油(エッセンシャルオイル)はいろいろな種類がありますが、 やはり真性ラベンダーが香りもよく用途も広いので、個人的には真性ラベンダーがおすすめです。

おすすめ精油(エッセンシャルオイル)

アロマのティーツリーファームズ ティーツリーファームズはオーストラリアにあるオーストラリア産精油の専門会社です。

直販なので、新鮮で純度100%の高品質オイルをかなりお値打ち価格でお届けしてくれます。

ティーツリーファームズではラベンダーオイルは(精油)は、たくさんあるラベンダーオイルの中でも最高の香りをもつとされている タスマニアンラベンダーオイルを取り扱っています。

*タスマニアンラベンダーオイル